十四代 今泉今右衛門


色絵雪花墨色墨はじき四季文化瓶

                              径33.2×高26.0p

「墨はじき」とは、江戸期からよく使われた白抜きの技法である。技法の手順としては、まず墨で文様を描き、その
上を染付でぬる。すると墨に入っている膠分が撥水剤の役目をし、墨で描いた部分が染付の絵具をはじく。その
後、素焼きの窯で焼くと墨が焼き飛び白抜きの文様が現れるという技法である。





(株)広島精機製作所
 (ISO 9001:2000認証取得)
 TEL 06-6709-6752 FAX 06-6707-3435