アール・ヌーヴォーガラスの美展

エミール・ガレ作

                         

モンゴリアの葡萄文化瓶  1889年  花瓶<アゲハチョウ> 1900頃 

径21×高43.5p 

径23.5×高43.5p


*  モンゴリアの葡萄文化瓶 1889年パリ万博出展品 「禄青」所載
  ブルーグリーンの透明ガラスに、写実的なエナメル絵付けで、葡萄の枝
  と蜘蛛の巣 その他の昆虫を器面いっぱいに描く。器腹には四行詩
  が掘り込まれ、ガレの自然趣味への傾倒を余すところなく表現しようと
  試みた作品。ガレのエナメル彩絵付け作品の最高作である。器底グラ
  ヴユールで「1889年パリ万博展覧」と記されている。
* 花瓶<アゲハチョウ> 1900年頃 エミール・ガレ展 「図録」所載
  ピンクと緑というコントラストのある被ガラス。ガレおなじみの装飾
  モティーフであるロレーヌ地方に自生する大型の山うどの花を、器体前
  面にエッチングとエングレーヴイングで地紋状を作り、カボッションで小
  さな昆虫を溶着。アップリケでアゲハチョウを溶着している。





(株)広島精機製作所
 (ISO 9001:2000認証取得)
 TEL 06-6709-6752 FAX 06-6707-3435