掛軸 棟方志功


棟方倭絵黒瀬戸腕乃図



                                             箱書

「板の生命を彫りおこす」という想いから、自らの版画を板画(はんが)と称して独自の世界を
築き上げ、その自由奔放に彫られた志功の作品は、国内はもとより海外でも高く評価されました。
1970年(昭和45年)には文化勲章を受章し、その5年後72歳で他界するまで旺盛に彫り続けました。
そして、その滋味あふれる作品は今なお、多くの人々に親しまれ、愛され続けています。






(株)広島精機製作所
 (ISO 9001:2000認証取得)
 TEL 06-6709-6752 FAX 06-6707-3435