大慶直胤 大小一腰


                                                         旧幕時代のままの、生の大小拵え



黒蝋色塗鞘: 所持者の家紋が影蒔絵
鍔: 赤銅の献上用
目貫: 金無垢地の這龍
小柄・笄の二所物は大が三匹獅子、小が牡丹獅子



大刀 刃長  二尺三寸三分六厘半 脇差 刃長  一尺五寸八厘
    反り  五分九厘半 元幅 一寸三厘      反り  二分六厘反
    先幅  六分七厘半 重ね 二分三厘     先幅  七分二厘半
    彫刻  表裏棒樋掻通し       彫刻  表裏棒樋丸止め

式正の大小拵えに収められた大慶直胤の大小刀。 大小いずれも直胤打ち盛りの天保六年の作で、
大刀が相州行光、脇差が志津三郎に倣うとの本間薫山の鞘書き通り、沸の美を追求して止まない直
胤の熟練の技が光る一腰である。





(株)広島精機製作所
 (ISO 9001:2000認証取得)
 TEL 06-6709-6752 FAX 06-6707-3435